旧車に関する記事を書いています

8月の旧車ニュースを振り返る

投稿日時:2014-09-04 12:57:51

http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2014/08/19car/

9月に入って、いよいよ秋の様相が見え隠れしてきましたね。日差しは依然として強いですが、空気がカラッとしていて、窓を開けながらドライブなんかしたら気持ちよさそうです。それが旧車だったら、なおさらに楽しいと思います!!

さて、振り返ってみれば、今年の夏は旧車関連のニュースに事欠かなかったですね。特に8月には、時価数億円相当の旧車を偶然手に入れた老夫婦の話、車のオークション史上最高額で落札されたフェラーリ「GTO 250」の話など。17日には、モントレーで旧車の祭典「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」も開催されました。やはり、旧車の本場である欧米諸国では、旧車にまつわるお話も多いようで、実に羨ましいです…。

そういえば、「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」って何だ?って思う人もいるかもしれません。簡単に言えば、クルマの珍しさや保存の良さを競い合うコンクールになります。クルマといっても多くは旧車なのですが、最近ではメーカーによって新車が展示されることもあります。

実に60年以上の伝統がある由緒正しいコンクールで、新旧の名車たちを一同に拝むことが出来るイベントです。滅多に見ることのできないようなレアな旧車が、世界中から集まります。今年はその中から、「フェラーリ375MMスカリエッティ・クーペ」の”ロベルト・ロッセリーニ”が栄えある優勝を飾りました。

この車種は元々、とある有名なレースに因んでネーミングされたレース仕様車なのですが、今回優勝したのはそれのオーダーメイドモデル。気品の溢れる白銀のシルエットに、繊細な出で立ちの機巧には、本当に見とれるばかりです。

広告

Author

  • 名前:ビンテージファン
  • 性別:男
  • 趣味:ドライブ
BACK TO TOP